新たなツールで車査定の基準が統一された友人の勤め先

新たなツールで車査定の基準が統一された友人の勤め先

最近友人が勤めている会社では、新たなツールが導入されたそうです。ちなみに友人の勤め先は、車買取の業者ですね。どのようなツールが導入されたかというと、車の査定に関わるIT関係のツールなのだそうです。

 

というのも友人の勤め先の場合は、ちょっと従業員の査定の基準がバラバラだったようなのです。従業員AとBとCという方がいらっしゃるとすると、それぞれ独自の基準で車査定を行っていたようですね。そのため顧客からの車の買取金額に、バラ付きが生じていたそうなのです。それはあまり良く無いと思った友人のお勤め先は、最近新たなIT関係のツールを導入しました。そしてそのツールによって、従業員の方々の査定の基準がほぼ統一されたのだそうです。

 

友人のお勤め先では、まず従業員の方々に対してそのツールを持つように義務づけたようです。そしてそのツールの使い方を、徹底的に教育したようですね。
そのツールの使い方はとてもシンプルで、色々な情報を入力するのみです。また車の修理歴などを見抜くのも、以前に比べると断然やりやすくなったようなのです。修理歴を発見できる確率も、格段に向上したようですね。

 

その結果友人の勤め先の査定士の基準はほぼ統一されて、売上もアップしてきたようです。そのツールを導入するために色々な費用などもかかりましたが、十分に元は取れると見込んでいるようですね。

 

そして友人としても、そのツールはとても使い勝手が良いと感じているようです。操作方法などはとてもシンプルですし、以前に比べると車の査定がやりやすくなったそうなのです。
エクストレイル 下取り

 

このように車買取の業界は、従業員の基準を統一するために何らかのツールを導入している事もある訳ですね。思えば昨今では、IT媒体の普及速度は目覚しいものがあります。今後はそのような便利なツールを導入する企業の数は、どんどん増えていく気がしてなりません。